脱!水道水。絶対的!軟水。

髪 ヘアケア 肌 スキンケア 体 ボディケア NEW 一体型進化系SPA ヘアサロンメニュー

京都相国寺湧水

すべては水から

水面の輪
◉京都の上質な天然軟水をすべての技術に
【良い水があるところに歴史あり】
軟水はやさしくてやわらかいことから「女水」といわれ、日本酒・ウイスキー・京豆腐・西陣織などを生み出し今もなお、豊かな水脈が本物をつくり出している
水道水じゃダメなんです

理由は二つ
❶ミネラル成分が化学反応を起こす
❷薬剤使用後は弱酸性に戻らない

水道水をおいしくするために配合されるミネラルのいたずら
※ミネラル=カルシウム、マグネシウムなど=金属イオン

硬水のデメリット
▶︎ミネラル+シャンプー成分=金属石鹸発生
【金属石鹸でナニが起こる?】
・シャンプーの泡立ちが悪く洗浄力が落ちる
・カラーやパーマの薬剤が残留する
硬水
▶︎ミネラル+髪成分=ケラチン結合
・日常の蓄積でカラーやパーマの薬剤浸透を妨げる
◉シャンプー選択の重要性
金属石鹸
▶︎金属石鹸を放置すると?
【手触り・指通り】ゴワつき/パサつき
【見た目】ツヤの減少/カラーの褪色/パーマのダレ【髪内部】乾燥/強度の低下

✤ミネラルゼロの軟水では金属石鹸ができない✤

軟水じゃなきゃダメなんです

❷ヘアカラーやパーマ後、弱酸性に戻らない

髪の弱酸性と薬剤
【髪の状態を表す指数「pH」】
◉髪/pH4.5〜5.5の弱酸性
◉パーマ液/pH9〜10のアルカリ性
◉ヘアカラー剤/pH10〜12の強アルカリ性
※「水道水」は中性pH7.5

キューティクル
▶︎カラーやパーマ薬剤を浸透させるためアルカリ性に傾けキューティクルを広げる
▶︎アルカリ性になると松ぼっくりが開いた状態になる

炭酸とpH測定
【水道水では戻り切らない】
京都市の水道水は「pH7.4」ですがシャンプーではpH9までしか戻りません。炭酸を溶解してようやくpH7.6

ラメラ構造 健康毛編
【胡蝶庵の軟水はpH6.7。それでもまだ遠い】
▶︎なぜ弱酸性pH4.5に戻らないのか?
・キューティクルのすき間に残る残留薬剤
・金属石鹸の固着
・薬剤分解酵素が足りない

炭酸シャンプー
❶残留薬剤を分解する「カタラーゼ」酵素を使用
❷カラー薬剤で大量発生する有害悪玉活性酸素は毛母細胞を攻撃するため白髪を誘発します。除去するには現在「水素」だけで還元作用と金属石鹸の分解作用を持ち合わせています。元の髪よりも美しく。
プロとしての「説明責任」

ダメージラインと選択肢

ヘアダメージ
▶︎説明責任とお客様が選ぶ権利
キューティクルのダメージレベル
▶︎髪は死滅細胞。美しさを守るために。

✤目に見えない顕微鏡の世界のことですが、SNS時代がプラスとなり真実に辿り着くはずです

「水」を考えたとき
水脈
✤1200年続く水脈
京都を潤す地下軟水
✤極めて質の良い軟水
胡蝶庵 玄関
✤天然軟水の恩恵をお客さまに

※水質検査済

関連記事